:: jam

BLACK SHEEP(ブラックシープ)

YOSHIHIRO(ヨシヒロ)さんとナオシさんのデュオ。ヨシヒロさんの歌とギターにナオシさんがギターでからむ独特のスタイルはご機嫌なグルーヴを楽しめます。

古沢愛

1999年12月「年忘れアコースティックライヴ」でジャムデヴュー。 2001年8月からジャムに勤務しながらソロ活動を開始。よどみのない歌声と素直な表現の歌詞が魅力。 2002年1月より月曜日の「STORMYMONDAY」にレギュラー出演。JAMの13周年記念オムニバスアルバム『拾参執念』にも参加している。 2003年5月から毎月第1木曜日にライヴを続けていたが2004年8月に休止した。 現在はレギュラーミュージシャンのフロントアクトで活躍している。 ジャムの15周年記念オムニバスに参加。 16周年アルバムにも参加している。 2006年、ミニアルバム(ライブ録音)を発表。 2008年、ファーストアルバムを発表!2016年現在は二児の母として奮闘中!  http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Vocal/2323/

フレディー本間

1989年千葉駅の周辺で弾語りを始めた路上演奏の草分け的存在。 その後行付けの飲み屋で意気投合した仲間とハードロックバンド『LED PURPLIN 』を結成。解散記念ライヴと再結成ライヴをくり返し現在に至る。 2004年よりピアノの弾語りでのソロライヴを開始。主にジャムの月曜日のイベント『スト-ミーマンデイ』でロックの名曲や尊敬する「梅太郎」の楽曲を唄って新たな境地を開拓した。2004年12月27日のストーミ-マンデイスペシャルに出演。 2005年、花粉症の季節が過ぎ去った頃再び彼の歌声が聴けるはず! 2007年、第2火曜日の親父のフォーク集会でソロ活動を再開。2010年から洋楽カバー限定イベント「カバートゥーカバー」にピアノ弾き語りとギター弾き語りで出演。また「本千葉フォークジャンボリー」にもレギュラー出演している。

藤井美由紀

1999年12月惜しまれつつ解散した「STEP OF DREAM」のヴォーカルだった彼女は、一年間のブランクの後ピアノの弾き語りで演奏活動を再開した。リオン・ラッセルやイ-グルス等のバラード中心のステージは落ち着いた雰囲気でゆったりと時間が流れる。 2002年から「藤井美由紀バラードを唄う」と題して一年間マンスリーライヴを行ない ソロミュージシャンとしての実績を重ねた。 ミュージシャンズパラダイスJAMの13周年記念オムニバスアルバム『拾参執念』にも参加している。 2003年はソロアルバム製作の計画があったが、実現に至らず。 2004年ジャムの15周年アルバム 『15周年漂流記』にゐぬ屋のドラマーとして参加。2005年同じく16周年記念オムニバスアルバム『どこまで続くぬ かるみぞ』にはゐぬ屋のメンバーとして一曲その他にピアノの弾き語りで一曲参加している。 2011年ボーダレスカンパニーのドラマーとしてアルバム「FROM STUDIO OLD MARKET」を発表。2ヶ月に1回のペースでジャムでのライブを継続中。

musicians' paradise jam/れすとらん邪夢
〒260-0855 千葉市中央区市場町9-19
Phone: 043-227-7229 Fax: 043-223-6137
交通&アクセス